読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみをすすむ

0歳10ヶ月、網膜芽細胞腫(レティノブラストーマ)という目の小児がんで右目を摘出した息子との日々のこと。病気と向き合う記録。

網膜芽細胞腫のニュース

その他 ニュース

現状ほとんど知られていない病気、「網膜芽細胞腫」ですが、ネットのニュースまとめメディアに取り上げられたようです。
以前見かけた海外の啓発動画、ポスターのモデルになった子のお話のようです。
主な症状、「白色瞳孔」の確認は「フラッシュを使って写真を撮る」のが重要です。

これをきっかけに多くの人、特に子供が身近にいる方が知ってくれたりしたら救われる子供がいると思います。この記事が早期発見につながりますように!

gunosy.com

ニュースの子が出ている動画は英語ですがとてもよく分かるので是非見て欲しいです。
youtu.be


出生直後〜3歳くらいまでが多い子供の希少がん、目の癌です。小さな子供が発症します。(少なくなりますが5〜6歳くらいでもあります。)大人はほぼありません。また先天的な遺伝子の異常から発症する癌なので予防法はありません。
片目だけ発症の場合と両目とも発症の場合があります。

早期発見して少しでも早く治療に入ることが大切です。そうかもしれないと思ったら小児科ではなく、すぐに「眼科」へ。
この病気を診断するには主に

・眼底検査(目薬で瞳孔を開いて目の奥を見る)
・CT(病気の特徴である石灰化を確認する)

が必要です。CTは大きな病院でなくては難しいですが「眼底検査」は街の眼科でできます。
ただ見逃される事も多いので「網膜芽細胞腫」ではないですか?とか「眼底検査をしてください」と一言添えると良いです。


発症人数が少なく確実な治療法が確立しているとは言えない難しい病気です。発見が遅れてしまった場合死に至る場合もあります。でも少しずつ医療が進んできて早期発見して治療に入ることができれば命が助かる確率はかなり高くなってきています。



詳しくはまとめたページを見て頂ければ幸いです。

marmom.hatenablog.com

網膜芽細胞腫とは - うみをすすむ

marmom.hatenablog.com


▼「白色瞳孔」についてはこちらのページが分かりやすいです。
ameblo.jp