読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみをすすむ

0歳10ヶ月、網膜芽細胞腫(レティノブラストーマ)という目の小児がんで右目を摘出した息子との日々のこと。病気と向き合う記録。

義眼は動くのか

義眼のはなし

以前義眼台の話を書いたのですが
義眼の動く動画を掲載した記事を書いてくださった方がいて
こちらにリンク張って欲しい、というお話しを頂きました。

この方は義眼台を入れています。
義眼台が入っていると義眼に多少の動きが出るんですが実際にどんな感じなのか、映像で見るととても分かりやすいです。

自分、自分の子供以外の人の義眼って見る機会ってないのでとても貴重。
加えて義眼・義眼台についてとても詳しく考察されています(すごい!)

義眼台の手術を悩まれている方の参考にもなるかと思います。
(メリットデメリットはありますので医師としっかり相談の上です)



ameblo.jp

※こちらの動画が掲載されているブログはリンクフリーではありません。
無断転載、リンクはくれぐれもご遠慮ください。




記事中にもあるように、義眼台(又は摘出後の空白を埋めるボール)を入れていても人によって違います。かぶせ義眼(眼球が残っていて、その上にコンタクトのように入れる義眼)でも違う。
個人によって差はあります。


残念ながら息子はここまでは動かないです。
ちょっと台がズレて入ってしまったのも影響してると思いますが。
でも連動はしていて動きはありますよ。


義眼って動かないよね…ってあきらめないでください。
これから進歩の余地のある分野だと私は思っています。