読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみをすすむ

0歳10ヶ月、網膜芽細胞腫(レティノブラストーマ)という目の小児がんで右目を摘出した息子との日々のこと。病気と向き合う記録。

同じ想い

ブログを通じてメールのやりとりをしていた方からメッセージが届きました。

この病気の啓発をしたいと思い
ライターさんにお願いして記事を書いてもらったそうです!

最近はtwitterSNS経由でこういったニュースがたくさんの人に配信されるので
とってもいい啓発方法だなと思います。
少しでも多くの方の目にとまって
こういうことがある、と知っていただけたら

是非シェアしてください。

brava-mama.jp




網膜芽細胞腫のことが浸透しない理由のひとつに
啓発のしづらさがあるんですよね。


「どうか一人でも多くの子が早期発見されますように」


自分の子供の心配と同時に
私をはじめ患児の親は願っているけれど


親は当事者でははない。


自分の事だったら詳しく写真を載せたり、
エピソードを公開したり、
もっと声高に「知ってもらいたい」
そう言えるかもしれないのですが



子供の生活
それが一番大切なこと。



どこまで伝えるのか
啓発することで親が前に出すぎると
子供が将来生きづらくなる可能性もあるのです。



むずかしいところです。


できることを少しずつ。
こうやって少しずつでも知る人が増えてくれたらと思います。