読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみをすすむ

0歳10ヶ月、網膜芽細胞腫(レティノブラストーマ)という目の小児がんで右目を摘出した息子との日々のこと。病気と向き合う記録。

義眼での運動や水泳

病気と日々

「あたらしい園」のことで色々なご意見をいただきました。
参考にさせてもらって自分なりに考えをまとめて
園に提出することができました。本当にありがとうございます!

きっと同じことで悩む方もいらっしゃると思うので
こちらにも記録しておきます

体操・運動

マット運動、前転などで外れることはなかった。
体操などは大丈夫そう。
縄跳びとかも大丈夫だった

プール遊び(水遊び)

年少の水遊び程度では特別何かをすることはなく普通に遊べる
取れたりは殆どない。

プールで泳ぐ時は

ゴーグルをしている人が多い
ゴーグルを取る時に圧で義眼が取れる場合があるので要注意。
事前に親子でゴーグルの着脱の練習をしておいた方がよさそう。

ゴーグルをしなくてもそんなに取れないようだけれど
飛び込みとかする時に水圧で痛い、といった事がある。

その他

年中、年長になってくると
「私のオメメ、取れるのよ」とお友達に秘密として打ち明けたりしちゃうことも。
自分の意思で取って外してしまう、という事の方が心配として多そう。





日常の運動で取れることはほとんど無くてその点は心配ないけれど
自分で取ってしまう可能性の方が大きいんだということ。
「人前でむやみに外すものではないんだよ」という家庭での話が大切ですね…

ゴーグルの圧とか水圧とかは頭にありませんでした。
事前の練習大切です!
経験談でしか分からないことですね。

段々とお話しも上手になってきて
こちらの話も分かるようになってきたので
義眼についても少しずつ教えて行きたいと思っています。