読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみをすすむ

0歳10ヶ月、網膜芽細胞腫(レティノブラストーマ)という目の小児がんで右目を摘出した息子との日々のこと。病気と向き合う記録。

あたらしい園

息子が4月から姉妹保育園にあがることになりました。今までと違って習い事のようなことも力を入れている園で、かつクラスも多いマンモス園になります。


保育士さんと義眼について相談しなければならないことがあって、特に直近で必要なのが

◯体操教室
マット運動などで義眼がはずれたり、取れたりしないか

万が一取れた時、どういう対応をしたか、しようと考えているか
(義眼であることは保育園のスタッフは全員知っていますが子供、保護者は現状、殆どの人が知らないです。また3歳になったばかりですので自分で状況を説明したり、自分で目を直したりというのはもうしばらくかかりそうです。)
です。

これから水泳教室などもあります。

◯発表会、運動会など大人数が見る中で取れたり回ったりしたらどういう対応をするのか

流れに任せるのがいいとは思うのですが急に大人数な園になるため今までのようにはいかなくなるかもしれませんし(今までは少人数園でした)、保育士さんと親との基本的対応はすり合わせて決めておく必要があります。


幼稚園、保育園に行っている方、
また似たような経験がある方がいましたら
私ならこうするかなということでも構いません。

色々ご意見や経験談など聞かせていただけたら嬉しいです。

よろしくお願いいたします。