読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみをすすむ

0歳10ヶ月、網膜芽細胞腫(レティノブラストーマ)という目の小児がんで右目を摘出した息子との日々のこと。病気と向き合う記録。

最近の坊

病気と日々

f:id:marmom:20160215075424j:plain

坊はもうすぐ3歳。
大きくなりました。体格も同じ3歳の中では大きめです。
ひとり遊びが割と好きで
パズルや文字が大好き。
あまりの熱中、集中力でちょっと心配もするくらいだったけど
保育園ではお友達とコミュニケーションもとっている模様。
陽気でよくしゃべります。

そして一年前は歩かないって心配していたのに今は走り回っています。

義眼のことを少し分かってきました。
こすって目が回っていたら「ここがへん」教えてくれます(多分違和感があるんですよね)
こすりすぎて勢いあまって取れた時は「取れたー」と持ってきてくれます。
時々「めめちゃんとるのイヤー!」と主張します。
最近は目を取るスポイトが気になるみたいで、時々一緒にはずしてみてます。


ちょっと人と違うかもしれないけれど
これがいつものたのしい
うちの日常です。






最近よくメールをいただきます。

私からお伝えできるのは経験と勉強したことの範囲ですが、分かる範囲でお答えしますので
何かあれば送ってください。
話す場がとっても少ないので
何か手がかりや進むためのきっかけになればと思います。

私もやりとりをすることで
色々勉強、そして力をもらっています。